Suger(シュガー) / Maroon 5(マルーン5) 【余興】

Maroon 5(マルーン5) - Suger(シュガー) ジャケット画像

曲名:
Suger(シュガー)

アーティスト:
Maroon 5(マルーン5)

おすすめシーン:
演出・余興

セクシーなボーカルとおしゃれなサウンドで日本でも大人気の4人組バンドのマルーン5。今回は2014年に発売されたアルバム「V」収録の「Suger」をおすすめします。

恋人への甘い気持ちを歌った曲で洋楽ウェディングソングの決定版になりそうですね!

ちなみにこちらのMVは実際の結婚式をハシゴして撮ったものだそうで、見ているだけで幸せな気分になってきますね!最高にハッピーなこの曲、歓談シーンやメモリアルビデオの曲として使うのをおすすめします!

AmazoniTunes

VELVET NIGHT~PRAY FOR STRINGS / 金原千恵子 【歓談】

金原千恵子 - VELVET NIGHT~PRAY FOR STRINGS ジャケット画像

曲名:
VELVET NIGHT~PRAY FOR STRINGS

アーティスト:
金原千恵子

おすすめシーン:
歓談

オシャレなラウンジ・ミュージックをお届けするコンピレーションアルバム”Grand Gallery”シリーズから、金原千恵子さん名義の「VELVET NIGHT~PRAY FOR STRINGS」をおすすめします。こちらの金原千恵子さん、あまり表には出てきませんが、数々の音楽番組や大物アーティストのレコーディングで収録を行っており、様々なところでクレジットを見ることができる、知る人ぞ知るアーティストです(知ってたら通ぶれます笑)。こちらのアルバムは「夜」をテーマに制作された1枚で、軽快なハウス・ミュージック~幻想的なチルアウト・ミュージックと美しいバイオリンのメロディが心地良い作品となっていて、しっとりとした大人のナイトパーティを演出してくれることでしょう。

AmazoniTunes

Wouldn't It Be Nice(素敵じゃないか) / The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ) 【歓談】

ジャケット画像

曲名:
Wouldn't It Be Nice(素敵じゃないか)

アーティスト:
The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)

カテゴリ:
歓談

今回はビーチ・ボーイズの代表曲のひとつ「素敵じゃないか」をご紹介します。この曲は1966年に発表された「ペット・サウンズ」というアルバムの冒頭を飾った楽曲です。かなり昔の楽曲ですが、近年に松本潤と上野樹里が主演の映画「陽だまりの彼女」の主題歌として起用されたので、聞き馴染みの多い方も多いかも?”恋する人と結婚し、共に暮らせたら「素敵じゃないか」”と問いかける、どことなくビートルズなんかを彷彿とさせる名曲です。聴いていてリラックスできる曲なので歓談なんかに流すのがおすすめです。もしかしたら新郎新婦の親世代との会話も弾むかもしれませんね!

Amazon

iTunes

Love Bossa Wedding 2 / オムニバス 【歓談】

ジャケット画像

曲名:
Love Bossa Wedding 2

アーティスト:
オムニバス

カテゴリ:
歓談

クラシック音楽の「結婚行進曲」や、スティーヴィーワンダー「Isn't She Lovely」、ビートルズ「LOVE ME DO」など、誰もが知っていて結婚式に似合う名曲をボサノヴァ調にアレンジしたカバーアルバムです。スローテンポでゆったりした雰囲気の曲が多いので、歓談シーンにオススメです☆

Amazon

iTunes

ジャケット画像

cure jazz / UA×菊地成孔 【歓談】

ジャケット画像

曲名:
cure jazz

アーティスト:
UA×菊地成孔

カテゴリ:
歓談

披露宴の歓談には、オシャレな雰囲気を醸しつつ、耳障りが良く静か過ぎないBGMが適していると思います。
そこで今回紹介するのは、独特の生命力を感じさせる歌声で根強いファン層を持つ”UA”と、モード・ジャズに精通し執筆活動も盛んな天才”菊地成孔”が異色のコラボレーションを行ったジャズ・カバーアルバム「cure jazz」です。
「Over The Rainbow」や「チュニジアの夜」等の誰もが聴いたことのあるジャズ・スタンダード・ナンバーを挟みながら、シックな大人のジャズを聴かせてくれる作品です。
歓談のほかに、夜が更けた二次会三次会パーティなんかで使うのもオススメですよ!

Amazon

iTunes

ジャケット画像

Satisfaction / Ino Hidefumi 【歓談】

Ino Hidefumi - Satisfaction ジャケット画像

曲名:
Satisfaction

アーティスト:
Ino Hidefumi

おすすめシーン:
歓談

2006年に発売したデビューアルバムが国内外で高く評価され、巷の音楽好きをたちまちメロメロにしたアーティスト”INO hidefumi”
フェンダー・ローズ(エレクトリックピアノ)の暖かいメロウな音色とブラックなビートが特徴的なサウンドで、ユセフ・ラティーフやマイケル・ジャクソン等をカバーしたセンスが光るアルバムです。
披露宴の歓談や二次会パーティ等で、落ち着いたオシャレな空間を演出するのに最適!
個人的にはBarで聴きたいアルバムNo.1です。

AmazoniTunes

スウィート・ウエディング・ベスト / Sweetbox 【歓談】

Sweetbox - スウィート・ウエディング・ベスト ジャケット画像

曲名:
スウィート・ウエディング・ベスト

アーティスト:
Sweetbox

おすすめシーン:
歓談

ただでさえ人気が高く、特にウェディング・パーティで人気のアーティストの代表格とも言えるスウィートボックス。結婚式や披露宴での定番となっている代表曲ばかりを集めたベスト盤的内容のアルバムがこちらです!コーラスが特徴的な、結婚式用にリメイクされた「Everything's Gonna Be Alright」をはじめ、暖かくてハッピーな楽曲が揃っています。結婚式人気曲をフィーチャーしたメドレーもいいですね!歓談をはじめいろいろな場面でオススメです。コンピを除いたウエディング関連のアルバムとしてはある意味最強ではないでしょうか(笑)

Amazon

GREETINGS / BOSSA a.m. 【歓談】

曲名:
GREETINGS

アーティスト:
BOSSA a.m.

おすすめシーン:
歓談

ダニエル・パウター、マルーン5、クイーンなどの名曲を爽やかなボッサにアレンジしたアルバム。穏やかで切なく甘酸っぱい女性ボーカルの歌声が、披露宴の歓談を爽やかな空間に彩ってくれる一枚です。

Amazon
BOSSA a.m. - GREETINGS ジャケット画像